PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

Kindle@iPhone vs Bookmarks?

IMG_5884.jpg
Bookmarks "Lacy Bookmarks I" by Pure Heart Designs 参考
Fabric: Nothern Cross Linen 27ct Natural
Thread: Wildflowers@Caron #219 Cardinal

最近の読書。


去年のNY旅行の際に感化されて即手に入れたiPhone
気がつけば周りはみ~んなiPhoneのNYは、
それはそれは不思議な光景でした。

そのiPhoneアプリで読書が出来る=Kindle@Amazonにはまっています。
正確には、Kindle@iPhoneの方です。

本家のKindleよりも、そして最近新作発表があったばかりのiPadよりも
さらにコンパクトな液晶のiPhoneで、
果たしてどのくらい快適に読書が出来るのかというのが
この数ヶ月の間のちょっとした疑問でした。

私のKindle@iPhoneデビューに選んだのは、
既に廃版になっているらしい、キルトが題材になっている小説

まずは、お試しバージョンをダウンロードして数十ページ読み進めると、
不覚にも早速はまってしまいました→すぐにフルバージョンを購入

子供の頃より日本の学校教育とは疎遠だった私は、
日本語の維持・習得の意味合いを兼ねて、
読書@日本語にはかなり積極的に関わって来ました。

それが、手芸を始めてからというものの、
読書とは日に日に縁遠くなるばかりで、
ここ何年かは実用書以外で楽しむ読書、というのは
本当に読みたい本以外にはまるで手にしなくなっています。
日常生活の中に、読書というものが入り込む余地(時間、体力、気力、興味?)が、
自然と消えてしまったようなのです。

だからといって、Kindle@iPhoneという、
ある種特別なDevice経由での読書というスタイルは、
読書の習慣の復活に貢献出来るのでしょうか?、とブツブツ思っていました。

そんな私の独り言は、一瞬にして打ち消されました。

Kindle@iPhoneは、

印刷物特有の紙とインクの匂い、
手触り感、
ページをめくる時のワクワク感、
装丁の美しさ、
所有欲、

など、本自体の持つ存在する物質としての魅力を満たしてくれることはありませんが、
何よりも、読書の愉しみ、という基本をどうやら私に思い出させてくれたようです。

Kindle@iPhoneデビュー本は、そういうわけで一気に読破してしまいました。

確かに非常に快適な読書形態とは言い難いKindle@iPhoneではありますが、
結局の所、読んでみたいと思えるものはどんな形でも読めるのだということが
あらためて立証された感じです。

いつでもどこでも一瞬でダウンロード出来て、
複数の本がいつもiPhoneの中に待機していて、
本棚にこれ以上本が増えなくて、
しかも、本自体の持ち歩きの必要がない、という利点に視線を向けて、
これからどんどん利用したいと思います。
そして、日本語の本もいつかリストに加わることを楽しみに

と、実はここ↑↑↑までは長い長い前置きで
本題は、Valentine's Dayが近くなると気になる赤いもの。

これまでにいったいいくつ作ったか知れない、
このハートモチーフBookmarkたち。

今年は、初めてのColourwayの糸を使ってみました。
私の気に入っている#164 Cinnabarがこっくりした冬の定番の赤とすれば、
#219 Cardinalはずっと好きで愛用している#45 Flameよりも
もっと朱色味の少ない明るい赤の染め。

Kindle@iPhoneでは、残念ながらこうしたBookmarkの出番はないわけですが、
この2つはささやかなるお礼として旅立ってまいりました。

< 番外編 その1 >

IMG_5897s.jpg

↑↑↑は、秘密のプチ交換会のブロックたちです。
どなたかと個人的に交換会をするのはなんて久しぶりのことでしょう
お相手のもとに届き次第、「色付きで」お披露目させていただきましょう。

nさぁ~ん、昨日発送いたしました

< 番外編 その2 >

夕餉の食卓。
なんだか、ワインのおつまみばっかり

IMG_5932.jpg

この日、意外に美味しかったのは、

IMG_5923.jpg

きのこのリゾット

リゾットといえば、生米から作る、と思い込んでいる私。
冷蔵庫にあった残りご飯を使えば?とのアドバイスに、
え~ッ、せっかく作るのだから(最近滅多にご飯を作らないので。)、
どうせだったらちゃんと作りたいでしょ、との気持ちを抑えて、
探し当てた↑↑↑のレシピを参考にしました。

レシピと変えたのは、お酒→この日飲んだChabliと、
とろけるチーズ→4種類のイタリアンチーズ、牛乳→スキムミルク、
バター→オリーブオイル、きのこ各種→ポルチーニがメインの乾燥きのこ。

IMG_5921.jpg

ほうれん草+ArtichokeのディップにちっちゃなPitaもよかったし、

IMG_5919.jpg

サラミ@Pinot Grigio漬けは、サラミなのに春らしいお味。
Fig Cakeは極薄スライスで、濃厚さが軽くなってさらに美味

| Hardanger | 11:09 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。