PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

One Last Stop or Two?

SIMG_4999.jpg

***** プチ旅行記の続き *****

遂にやってまいりました、このお店


Civil WarのReproやPrimitiveの布やデザインをテーマとしているこちらのお店は、
少し前から私が参加しているMonthly Mini Quiltのお店でもあります。

SIMG_5140.jpg

お店に入ったところ↑↑↑から、全体を眺めて。

SIMG_5142.jpg

右を見ても、

SIMG_5141.jpg

左を見ても、
ここはぜ~んぶTemecula Quilt Co.

このお店がとても小さなお店だということは、
事前にあちこちで見聞きして知ってはいましたが、
ドアを開けて中に入ってみてやっぱりビックリ

本当に小さなスペース、しかもかなりあっさり目の第一印象。
でもそれが不思議なことに、店内を見て回る内に凝った小さなディスプレイの数々に
目も心も奪われてしまい、実際にはとっても小さな所をグルグル回っていることを
すっかり忘れてしまうほどでした

たくさん撮ってね、と、お店のスタッフのCindyさんに促され、
早速撮り始めました
いえ、店内探索の旅へ出ることにいたしましょう

SIMG_5000.jpg

店内のあちこちに飾られているMini Quiltsと、
私の弱点=クルクルッと束ねられた布たちのディスプレイが印象的です

SIMG_5001.jpg

こんなのも、

SIMG_5004.jpg
SIMG_5014.jpg

あんなのも、

SIMG_5010.jpg

どんなのでももうみんな可愛くって魅力的なセンス

SIMG_5021.jpg

この一角の棚の上に注目してみると、

SIMG_5022.jpg

小さなチーズドームの中にもMini Quiltを発見

SIMG_5024.jpg

こちら↑↑↑は、このお店のネットショップでも販売のある、
自分の好みの布をセレクト出来るMini Quiltのキット。

SIMG_5025.jpg

キットが入っている持ち手付きのボックスをどけて、
見本のキルトを拝見してみましょう。
いったいどういうしくみのキットなのかちょっと???だったのですが、
こうして実物を拝見しながらCindyさんに説明して頂いて納得
2種類、お持ち帰り決定

SIMG_5103.jpg

このキットの脇には、布をVintageっぽく染める魔法の粉も

SIMG_5026.jpg
SIMG_5036.jpg

下に視線を移せば、
なにやら見覚えのあるMini Quilt↓↓↓を発見

SIMG_5027.jpg

まだ一周目、終わっていません

SIMG_5037.jpg
SIMG_5107.jpg

これこれ、ずっと欲しかったの~、な布を見つけました。

SIMG_5046.jpg
SIMG_5047.jpg

画像では全然よくわかりませんが、
クロスステッチのサンプラー柄の布のセットです
いつものステッチ屋さんのディスプレイにも使われていましたし、
この前の日に伺ったQuilter's Coopでも発見して既にお買い上げ済み、でした

SIMG_5055.jpg
SIMG_5056.jpg

上を見たり下を見たり、店内全体をグルッと見渡してみたりと大忙し
幸いにも、私の滞在中の2時間余りの間は
ほかにどなたもみえませんでしたので、ゆっくり出来ました。

SIMG_5059.jpg

あら~、こちらも見覚えがありますね?
お店のイニシャルのTは、私のイニシャルでもあります
私はこのキットをフレーム仕立てにしました。

SIMG_5097.jpg

さて、このすぐ向こうはレジ=ゴールです。
もう一周、まいりましょうか

SIMG_5085.jpg

入り口を入ったところのすぐ左手は、Stacy Nashさんのクロスステッチのコーナーです。
実はこの日、今季の新作のお茶目な魔女のパターンが載っているHalloween集があったら
連れて帰りたいなぁ、なんて思っていましたが、
残念ながらお目当ての図案集はありませんでした

SIMG_5086.jpg


SIMG_5081.jpg

そのさらに左手奥↑↑↑は、Woolのコーナーになっています。
もっと近づいてみましょうか。

SIMG_5084.jpg
SIMG_5082.jpg

キケン度がアップしています

この前の日に伺ったQuilter's Coopさんの所でも書きましたが、
Wool Appliqueの誘惑の手は、こうして着々と私の所に伸びて来ています

SIMG_5087.jpg

このパイナップルたちの温かみのある質感を、
さらに近づいてお楽しみください

SIMG_5089.jpg
SIMG_5090.jpg

ここまでゆっくりWool Appliqueを拝見したのはもしかしてこれが初めてのこと
かなり強力なパイナップルの視線を浴びながら、
ここは見なかったことにして次のコーナーへと

SIMG_5092.jpg
SIMG_5020_20090917160319.jpg
SIMG_5011.jpg

この↑↑↑下はShelfになっていて、

SIMG_5007_20090917154044.jpg

そしてさらに奥に進むと、
Cindyさんお薦めの(?)秘密の小部屋があります

SIMG_5111.jpg

ここ↑↑↑はいったいどこでしょう

SIMG_5109.jpg

こちら↑↑↑の角度からよォ~くご覧頂くと、
もしかしたらお分かりになられる方がおいでかもしれません
そうなんです、このお店はこんな所にまで可愛いディスプレイと、
お店のオリジナルのパターン集(売り物です。)が置かれているのでした

SIMG_5012.jpg

この小部屋を出ると、そこはクラスなどで使われるスペースになっています。

SIMG_5013.jpg
SIMG_5131.jpg

反対側を写してみたり。

SIMG_5074.jpg
SIMG_5061.jpg
SIMG_5060.jpg

それぞれのコーナーごとに設けられたテーマが魅力的

そしていつの間にか3周目に突入です。

SIMG_5062.jpg

このお店は、ただ今発売中のQuilt Sampler誌(北米のキルトショップの特集誌)に
オリジナルのキルトと共に掲載されています。
そのキルトが、お店の入り口の正面と、右手の壁に飾ってありました。

SIMG_5064.jpg

AntiqueなSingerのミシンは、
つい1年余り前にオーナーのSherylさんがお店を開けるまで
現役で使われていた物だそうです。
このタイプのミシンの布送りは、
Chain Piecingには最新型のミシンよりも使い勝手が良いそうです。

SIMG_5073_20090917162218.jpg

そのSherylさんのお宅のインテリアはまさにこのお店のような感じで、
どこもかしこもCivil WarのReproやPrmitiveな雰囲気のキルトでいっぱいだそうです。

SIMG_5065.jpg
SIMG_5127.jpg

Mini Quiltの製作を思いついたのは、
お家の中が大きなキルトだらけになってしまって
もう大きなキルトを飾る場所がなくなったからだそうです。

SIMG_5080.jpg

いったいこれ↑↑↑はどこのコーナーだったかしら?

SIMG_5078.jpg

思い出しました、こちら↑↑↑の一角で、
そしてこのコーナーの全体像は、

SIMG_5077.jpg

こちらでした

こんなに欲張らずに、
一点集中型で心に焼き付けることの出来る優雅なるキルト探しをしたいものですが、
こうも魅力がちりばめられていると、それもなかなか難しいことです。
第二回目以降の訪問に期待いたしましょう。

SIMG_5066.jpg

布の裁断テーブルの下にもキルトが

その、裁断テーブルの脇にひっそりたたずむアップリケ。

SIMG_5137.jpg
SIMG_5071.jpg

そういえば、この数日前にお目にかかったL.A.のmさんに、
Bindingって表と裏とおんなじ幅なのかしら?と尋ねられ、
う~ん、そういえば私も同じことを前々から疑問に思っていたことをここで思い出しました。

SIMG_5099.jpg
アメリカの一般的なBinding Tape作り(普通のキルトサイズの場合。)の幅の
2 1/2"のDouble Bindingにすると、
縫い代が1/4"ですから普通に縫っただけではどう考えても表と裏が
同じ幅になることはないなぁ~と思いながら、
見本のキルトの表と裏を見比べてみました
そしてやっぱり裏柄に出ているTapeの幅の方がだいぶ広いことがわかりました。
mさぁ~ん、そうなんですって

Mini Quiltの場合でも、Tapeの幅は1 3/4"位ですから、
それを半分に折って使っても、やっぱり裏側に渡る分の方が多いですね。

SIMG_5118.jpg

大量の画像の整理をしながら文章を書くことに
そろそろめまいを感じ始めてまいりました
この画像たちのお陰で、あの日の感動と興奮が生々しく甦り中です

そしてまたレジ付近に到達。

SIMG_5122.jpg
SIMG_5124.jpg

名残惜しくもお会計の時間です

ここで、今回の私のこの地域辺の訪問は、約13年ぶりにだということを
Cindyさんにお話しました。

13年前の素朴で田舎風情の感じが今では殆ど払拭されて、
数々の都会的なお店が乱立し、
ワイナリーさえもがNapa地方のように洗練された造りに変わっていることに
とても驚いたことをお話しましたら、
あの頃は人口約15,000人だったこの地域は、
今ではなんと100,000人の住む新興住宅街になっているとのことです
・・・どうりで新しい建物ばかりになってしまい、
見覚えのある場所が全然ないわけですね

aIMG_5144.jpg

またの機会を楽しみにお店を後にしました
次はクラスにも参加してねとの嬉しいお言葉に、
今からもう既に新たなるときめきが

aIMG_5164.jpg

そしてこの日のもうひとつの目的地である、
Temeculaから約1時間余りのところにある、
西海岸最大級のOutlet Mallへ

ここには、ふたつOutlet Mallが隣接しています。
Calirofniaへの往復には、必ずここを通らなければなりませんが、
いつも素通り出来ずにたいてい帰り道に寄ってしまいます

時間制限2時間=L嬢のお迎え時間が迫っていましたので
お目当てのお店だけに直行

aIMG_5194.jpg

途中、州境を通過し、

aIMG_5190.jpg
そしてさらなる砂漠の大地をそこから約2時間半ほど走り抜けて、
L嬢の待つY家へ無事にたどりつきました。

*****

長い長いお話にお付き合いくださいまして、ありがとうございました。
これにてやっと終了となります

| Quilt | 01:15 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。