PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

Stitcher's Pocket

20050601171617.jpg

English Samplerの合間にと、ステッチ小物をチクチク中・・・。


この小物のオリジナルは、何年か前にC.A. Wallsさんから
私が通うステッチ屋さんのオーナーのJeanへ贈られたプレゼントなのです。
こんな感じ。。。
2f161045.jpg


いつの頃からかJeanが首からこれを提げている姿を目にする度に
私も作ってみたいな、と思っていました。
クラスの度にこの中からお針やメジャーなど等のステッチ小物を取り出しながら
楽しそうに私たちの間を行き交うJeanの姿がとても印象的で(ё_ё)
そして実際に見よう見真似で去年の夏にひとつ、
キルトの先生をしていらっしゃるyuuさんのお誕生日に☆
20050601171659.jpg

図案はSAJOUの中からお借りしたのものをちょっぴりアレンジ♪

このStitcher's Pocketの特徴はその仕立て方にあります。
裏表共に4辺をグルッと1周チェーンステッチをした後に
対岸のチェーンとチェーンとを繋ぎ合わせる方法だそう。
↑の実物を見る限りではよく分からない??
それはチェーン部分が上手く横にマチのようになって
隠れてしまっているからなのです。
去年私が作ってみたものは、普通に中表にして内布と一緒にミシンしてあるだけです。

それから、縁かがりはHedeboかがりになっています。
去年の私バージョンのはこんな感じ↓↓↓でCoton Abroderを使いましたが、
本物はシルクリボンでかがってあります。
20050601171653.jpg


この小物に目が奪われたのは私だけではなかったようで、過去にも1度Retreatと呼ばれる、
年に2度ほど開催されている、このお店のステッチャーさん達を募って
高原のリゾート地に週末の3泊で滞在して、思いっきりチクチクを楽しみましょう、
のイベントの際のクラスにてJeanが教えたことがあるそうです。
それが今回みなさんからの度重なるリクエストにお応えして?、
それで今年もクラスが開催されることになったのです。

先日その第一回目がありまして、みなさんはオリジナルバージョンの
この地域の名物のサボテンを刺すことになりましたが、
ステッチ小物は赤いのがいいな、の気分で、
私だけは赤の一色刺しをVeroniqueさんの新刊のRouyerから(~o~)
イニシャルとモチーフをあれこれ適当に選んで組み合わせて、
やっとこのサイズに収まったのがこの表面の組み合わせです。

裏面はどうするの?のクラスのみなさんの会話の中で、
「勿論飼い猫のxxxちゃんよ!」が1番多かったので、
私は飼い犬のLimoちゃんをここにて初登場させちゃいました。
ステッチャーさん仲間では猫ちゃん派が圧倒的に多いですね。
みなさんの周りではいかがですか?
Limoちゃんは適当にチクチクしてみましたが、ちょっと変?
そして、年号と名前もお忘れなく(^_-)☆
20050601171623.jpg


32ctの横長のリネンに裏表を左右に並べて刺しました。
これに、少し前にJeanが絶賛していたアンティークの復刻版の
サンプラーの色味にはもってこいという糸、
Au Ver a SoieのSoie de Parisの#4624を試しに使ってみました。
刺し心地は、1本取りに固執する怠惰なステッチャーの私には
これを2本取りで、というオプションは始めからなかったのですが、
32ctのリネンにこの細くってツルツル滑るかのような感触のシルク糸は
か~なり無理がある組み合わせだと感じました。
糸が何よりもこのリネンに対して細過ぎるので、
ステッチした後の模様がスカスカ気味なのです。
糸自体の感触は限りなく同メーカーのSoie 100/3に似ていますが、
太さはSoie 100/3の方がちょっと太めです。

20050601171628.jpg

さぁて、今度の土曜日にはこれがもうちょっと変化する予定です。
使えるようになるのは一体いつ??
20050601171714.jpg

| Cross Stitch | 09:37 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。