PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

Row after Row

IMG_2429.jpg
L嬢: 今日は私がご案内役よ。
     ママはあちこちでお忙しいから


先週末に届いたばかりのこちらの糸使ってみましょう。
IMG_2404.jpg
キルトを習い始めた時からキルト作り=Mettlerという風に洗脳されている私。
果たしてこの新しい糸はどんな感触でしょう?
IMG_2417.jpg
昨日、すべてのHalf Hexagonsを並べて全体の感じを見てみましたが、
次の作業=『縦の1列』のコンセプトの下にPiecing、に入るために、
各列ごとに順番に重ねてまとめました。
全部で横に21列
IMG_2423.jpg
上下に来る同士を2枚ずつ、Chain Piecingにてどんどん繋ぎます。
最後の2枚組まで途中糸は切りませんので、速い、速いッ
IMG_2433.jpg
5列縫いあがったところです。
IMG_2445.jpg
この調子で勢いに乗って進めれば、
1時間もしない内に全部が繋がりそう・・・と思って楽しくミシン作業をしていると、
IMG_2438.jpg
L嬢: ママお昼寝のお時間ですよ

と、ご飯、お昼寝、お遊び、そしてお散歩の時刻には何故かとっても正確なL嬢が
こちらを見ては私を誘います。

・・・L嬢、御年4歳半にして、いまだ一人寝が苦手
私達のどちらかの横にぴったり引っ付いて眠りたい派←誰がこんなに育てたの
IMG_2444.jpg
このキルト作り、
布選び→配置→裁断→繋ぎ合わせる、のこれまでの作業の内、
意識的に気を使って臨んだ作業は、↑↑↑のHalf Hexagonsの角と角の繋ぎ合わせと、
Flower Diamondのモチーフにすること、
そして、そのFlower Diamondの真ん中に来る布は全部同じ布にしましょう、
の3つだけです。

布はすべて同じCollectionの中のものばかりだし、
この暑苦しいとも言えるゴチャゴチャぶりを発揮するためにも、
あまり意図的な計画は立てずに、とにかくどんどん繋ぐことにしました。
それでも、夕べのレイアウトからはほんのちょっぴり換えたところも
決まり過ぎたデザインではなしに、思いっきり遊んでみたい夏
IMG_2445.jpg
昨日は少し暗いところで撮影したために、
布の色味が今日の感じとは全然違いますね。
IMG_2447.jpg
あと、横に14列繋ぎ合わせて、Quilt Topの出来上がりです
続きはまた明日・・・。

そうでした、試してみた糸の感じは?
IMG_2419.jpg
う~ん、これだけではよくわかりませんが、
これまでのMettlerのSilk Finish Art #104がMercerized Egyptian Cotton、
Superior ThreadsのMaster PieceはExtra-long staple Egyptian cottonで、
どちらもWeightは50.
微妙な印象では、Master Pieceの方が繊細で縫い目が布により馴染む感じ?
いずれにしましても、どちらも上質の糸であることには変わりはなさそうです

他のみなさまのReviewによれば、
Master Pieceの方がミシンの中に残る糸くず(埃?)の出方が格段に少ないそうですが
私のミシンは先月Tune Upに出した折に隅々まで大掃除されたばかりですし、
まだそんなに糸くずがミシンの中に溜まるほど縫っていないので、
その辺りのところも謎です。

引き続き、様子をみてみましょう。

それでは、次はL嬢のお昼寝にお付き合いのお供=ステッチへ

| Quilt | 13:47 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。