PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ステッチ、あれこれ

IMG_9781_20090318041600.jpg
"Une petite envie de printemps" by gazette94 - Freebie
Fiber: AVAS SOIE 100/3 #499 & #666
Fabric: Lakeside Linens 40ct Unknown Colourway

まだ、2色使いにしようかどうしようかお悩み中。


そんなところへ、昨日嬉しいお届け物がありました。
IMG_9777_20090318041707.jpg
最近何度もこっそりつぶやいている、こちらのOn-Line Class
40ctか45ctのリネンを選ぶようになっています。

45ct

40ctは、ステッチを始めた頃より薦められてとても気に入っておりますが、
45ctというのは時々Sampler Sundayにて見かけるくらいの認識=異常に細かい。

リネンの織りが細かければ細かいほど
作品が完成した時の印象がより『特別なもの』になることはこれまで拝見した
数々の美しい作品から学んだことですが、
45ctって・・・しかも、特殊ステッチ満載のBand Samplerでどうよ

というわけで、先週このOn-Line Classの申し込みの詳細のお知らせがあってから、
しばらくあれこれ悩んだ末にMargrietにお便りして、
教材に使われる40ctと45ctリネンのSwatchを送っていただけるよう、
お願いをしてみました。

そして週が明けて昨日、カナダからもう到着しました、のSwatchたちです。

濃い色の方が40ctで、
このオレンジ色の線からもどこのメーカーのリネンかがすぐにわかる、
私にはとても馴染み深くて大好きなリネン。

その下に写っている白っぽい方が45ct。

この2枚のリネン、
一瞬見ただけでは40ctも45ctもあまり変わらない?な印象を受けるような
いえいえ、やっぱりよ~く見てみると、45ctはどう見ても私には無理な細かさです

そして、先入観と偏見の強い私は、
この45ctのリネンのメーカーを知った時点で、
その織りの細かさとは無関係に、40ctの方に心は決まりました

そう、それは一昨日のSampler Sundayにて偶然話題になった、
織り目の詰まったリネンということで評判(?)の、
あのイタリアンのリネンだったのです
IMG_9774_20090318043401.jpg
そんなわけで、キットにセットしていただくリネンが決まりホッとしましたので、
懐かしいHKG土産のお茶で、
これから午後のひとときをゆっくりしようと思います

| Cross Stitch | 12:37 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。