PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

Sampler Sunday - March

IMG_2999.jpg
日曜日の午後は、Sampler Sundayでした。


毎月ひとつのテーマを掲げて、会の最初にお店のオーナーのJeanの講義があります。

今月のテーマは、"Diaper patterns"でした。

"Sampler of the Month"もその"Diaper patterns"のひとつだそうです。
IMG_2997.jpg
今月の参加者は総勢13名。
そのみなさま全員が『Diaper=おむつ Sampler?』と首を傾げておいでです。
IMG_2995.jpg
『Darning Samplerとどう違うの?』
『おむつだから、細くて長いサンプラーのこと?』
などなど、いつの会にも増して活発な発言や意見の交換がありました。

そこへ、今月も偶然私のお隣に座られた
Reproduction SamplerのデザイナーのLさんが、
『あなたも"The Goodhart Samplers"本、持っているでしょう?
あの本に沢山載っているのよ、Diaper PatternのSampler』とおっしゃり、
IMG_9786.jpg
いまだBand Samplerの章すら読破出来ていない私は・・・
IMG_9783_20090318030957.jpg
帰宅後、早速"The Goodhart Samplers"本を開いて、
Lさんが会で見せてくださったページを見てみると、
IMG_9782.jpg
あるある、沢山あります、あちらにもこちらにも"Diaper"の文字が
IMG_2984.jpg
お勉強の後は、お楽しみのお披露目です

まず最初に、JeanがTrunk ShowのためにThe Essamplaireから
貸し出しを受けている、
山のようなお宝Reproduction Samplerの作品の数々から。
IMG_2970.jpg
IMG_2975.jpg
IMG_2981.jpg
どれもこれも  
IMG_3026.jpg
↑↑↑は、それぞれのキットたち。

後でもっと近くでご覧になってね、のお言葉に感謝して1枚1枚見せて頂きました。
IMG_3004_20090318031806.jpg
IMG_3007.jpg
IMG_3009.jpg
作品はどれもHem Stitch仕立てになっています。
その理由は、カナダから北米各地に貸し出しをしているために、
額装した作品の破損や、送料がかさむという点を考慮してのことだそうです。
IMG_3010.jpg
IMG_3017.jpg
丁度、こちらのOn-Line Classの申し込みをお悩み中の私には、
意中のBand Samplerこそありませんでしたが、
どの作品も興味深く、惚れ惚れと堪能させていただきました。

毎月この会に参加しているだけで博物館?美術館?級の貴重な作品の数々に
お目にかかれることは、大変光栄なことだと感謝しています。

それでは、次に参加者のみなさまのWIPなどのお披露目を
まず最初は、↑↑↑のLさんの完成作品。
私もおフランスからのお二人とご一緒した、2007年のMerry Cox Weekendより。
IMG_2945.jpg
IMG_2946.jpg
・・・この秋にもまたMerryさんがいらっしゃるそうですが、
それまでに私のWIP?UFO?も何とかしなくては
罪悪感、その1。
IMG_2947.jpg
LさんのWIPは、Oil Canを使ったデザインのこちら↓↓↓。
IMG_2951.jpg
Oil Canとは、↑↑↑のPrimitiveな小鳥さんが乗っている物だそうです。
IMG_2941_20090318033147.jpg
そしてこちら↑↑↑は、小物作りがお得意のBさん製の小物が詰まった可愛い籠
小物作りから遠ざかって久しい私の目の毒が続きます
IMG_3025.jpg
こちら↑↑↑は、私も少し前に仕上げた
去年の秋のSampler Weekendでのプロジェクトのひとつ。

しかし、オリジナルとの違いは、
Tさんはお得意のミクロな技を駆使されて、
Over 1でステッチしたものをScissors Fobに変身させておいででした
それから、お揃いでNeedle Bookも仕立てられて
IMG_3021.jpg
そのTさんのWIPは、先月私も手に入れたBBDの新刊に掲載されているこちら↑↑↑。
私もこれと同じ布を一緒に調達しましたが、
あれ以来まったくの手付かずのままで・・・罪悪感、その2。
IMG_2955.jpg
そして今日はSt. Patrick's Day。
↑↑↑は、L2さんのStocking。
こちらもBBD今年のSeasonal Patternのひとつです。
IMG_2956.jpg
先月もお披露目のあったSさんの赤い大作も相変わらずの壮観ぶりで、
IMG_3029.jpg
あんまり楽しくて、あともう少しで刺し上がるこちら↑↑↑に全然戻れないのですって。
IMG_2957.jpg
↑↑↑は、 New Orleansより最近ご兄弟に嫁いでいらした義妹さんへのプレゼントにと
選ばれた図案だそうです。
フランス色香るかの地にぴったりの雰囲気ですものね
IMG_2961.jpg
Quakerのお好きなB2さんのWIPも、
IMG_2968.jpg
L3さんのご出身地に沢山あるらしい憧れのVictorian Houseも、
どれもこれもみなさんそれぞれの思い入れが沢山詰まっているものばかり。
IMG_3031.jpg
こんな↑↑↑色の対比も面白いですね。
IMG_2962.jpg
そして私のWIPは、前とどこがどう進んでいるのかがかなりわかりにくくて←進みが遅い
IMG_3001.jpg
それから、Show and Tellの合間に話題になったのは、
最近のZweigart Linenのお話。

画像が暗め+マクロモードにし忘れたらしくてよく違いのわからない2枚の布。

Zweigartは、少し前まではりスイスの工場の製品を使っていたそうなのですが、
その工場を最近ドイツにある工場に換えたそうで、
その結果、リネンの織りが微妙に変わってしまっているそうです。

↑↑↑の画像はどちらもZweigartの40ctのリネンですが、
向かって左側のクリーム色っぽい方が旧Zweigartのリネン、
そして右側の方が最近のものだそうです。

違いは、旧リネンの方が同じ40ctでも織り糸と織り糸の間に出来る『穴』が
ほんの少しばかり大きい=ざっくりした織り、で、
針を出し入れするのに見えやすい織りだったそう。
そして現在流通している方は、より目の詰まった織りになっているために、
目には厳しい織りになってしまったそうです。

ここでFYIとして、イタリアの40ctリネンはさらに目が詰まっている、との情報も。
これについては丁度昨日タイミング良く比較の出来る機会に恵まれましたので、
次の記事にてお伝えしましょう。
IMG_3027_20090318040216.jpg
この日は、Classroomの中での時間が充実の極みでしたために、
お店の中を楽しむことすら忘れてしまいました。

そして気が付けば3時のおやつのお支度です



| Cross Stitch | 12:04 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。