PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

見ないし聞こえない??

IMG_8897.jpg
"Haruha scarf" by tikru - Freebie
Yarn: Champagne by Grignasco, #672 Dusty Raspberry
Needles: US 5 Circ

日中は、気温が30℃近くにまで上がるようになりました


そんな初夏の陽気(30℃でも砂漠地帯での体感温度的にはずっと低いです。)でも、
私はまだまだ編み物モード

夏の訪れも見えないし、
『ママ~、もうだいぶ暑いんじゃなぁい?』のL嬢の声も、
私には全然届きません。
IMG_8973.jpg
kokoさんのところで出会ったこちらのパターン+糸の組み合わせは、
パターンの名前の通り麗らかな春らしくて、一瞬にして惹かれました。

あの時、実は今もまだ完成していないプロジェクト←質問へのお答え待ち、があり、
あともう少しで出来上がるであろうあちらを終わらせてから、
との思いが強かったのですが、
最後の最後でどうしてもわからないところをそのまま適当に済ませたくなくて、
Saleで賑わうLYSに駆け込む前に、
デザイナーさんにお問い合わせを、と試みたのです。

そのお返事待ちの間ずっと、頭も気分ももはや編み物モードでいっぱいでしたために、
堪え性なくHaruha Scarf用の糸を調達してしまいました。

そして連日のこの陽気=

Haruha用に見繕った糸は、またしてもこんなくすんだ濃い目のRaspberry色。
画像よりも濃いピンク色味が強い印象です。

全然春っぽい色ではないけれど、
Lace Patternの繰り返しから成るこのデザインと、
優雅なDrapeを織り成してくれるSilkが入ったこの糸の手触りは、
また別の贅沢な体験へと誘ってくれます。

この糸の到着までの間に手持ちのRowanの4 Ply Softを使って、
Haruha Scarfのパターンの試し編みをしてみました。
が、何パターンか繰り返した所で撮影する前に解いてしまいまた。

その理由は、これがあまりにも楽しいパターンで、
しかも糸との相性も悪くなく、
このままこの糸で最後まで編んじゃう?な邪心が芽生え始めてしまい、
でも糸はこげ茶色でしたので、このパターンには絶対に使いたくなかったのです。

そんなわけで逸る気持ちを抑えて、
どんどん編み進めてしまわない内に潔くサ~ッと解いてしまったわけです

そして、待望の糸で編み始めたHaruha Scarf、
実は編み針との相性が気に入らなくて、憂鬱モードが漂い始めました。

編み地は、どのサイズの針で編んでみてもどうも緩々な感じ?
IMG_8932.jpg
編み針と言えば、
私の第一の選択肢であるAddi TurboのUS#5が丁度よさそうだと思い、
整理整頓を心がけるべくいつか作った針の収納ラックとケースを見渡してみました。

整理の悪い私のことですので、
編んでみたいパターンを見つける度に新たに針を購入、という失態が
薄っすら先に見えていましたので、その予防策です。
IMG_8905.jpg
しかし、そこにUS#5は見当たらず→US#4と6はあるのですが、
US#5は持っていないことが判明

手持ちの針を並べて、何度も編んで→解く、の繰り返しの末に、
DeniseのUS#5で編むことに暫定決定←まだ納得出来ないまま。。。
IMG_8968.jpg
こちら↑↑↑のセットは、『取り敢えず必要になりそうなサイズの針がひと通り揃っている』の
安心感を買うために購入しましたが、
確かに突発的に『今編み始めたい』モードの時に、
このセットの中の針をとっかえひっかえしながら
あれこれ試し編み出来るところがとても便利なのですが、
私のお気に入りのAddi Turboでの編み心地と比べると・・・、
やはりその違いは歴然としていることを強く感じます

特に今回のようなLace Patternの場合、
K3togなどのステッチを拾うには、Deniseの針先は少々太過ぎます。
IMG_8917.jpg
向かって右側の白っぽい針がDenise,
真ん中の金色の針がAddi Lace、そして左の銀色の針が普通のAddi Turboです。
白っぽい針と金色の針はどちらもUS#5、
そして銀色のAddi TurboはUS#5がないので、US#4です。

金色のAddi Laceは銀色の普通のAddiの針よりも1サイズ太い針なのに、
針先は少々細めで、その細くなっているところも長めですね。

こうしてこの3本を比べてみても、
針先の太さの違いは明らかです。
Addi LaceはLace Patternに適していると謳われているように、
やっぱり細くて、そして針自体の長さも少し長くていい感じなのです。

そう、私はいつぞやLace PatternのRectangleのShawlを編んでみたくて、
Addi Lace針まで隠し持っていたのです←遠い記憶の彼方

でも、確かあの針はLace Weight用の細い針だったし、
輪針のラックの『000』のところに引っ掛けてあるということは、
すごく細い針だから・・・、なんて、針を手にとってサイズを確認することもなく、
さきほどこの撮影のために手に取ってみて発見
Addi LaceのUS#5があるではないですか~
IMG_8907.jpg
しかも、US#5とUS#6の2種類。
ラックの一番上の『000』のところに掛かっている、
2本の赤いコードの針がAddi Laceなのでした

・・・こうして針比べ&針探しの旅は、呆気なく終焉を迎えました。

ところで、Deniseのセットと似たようなセットで、
Addi Clickという、針先とコードの付け替えが可能なセットが去年の秋に出ています。
スルスルと楽しくステッチが進むAddiファンの私は、
発売以来ずっとこのセットのことが気になっていますが、
長らく決心がつかないままです。
IMG_8910.jpg
棒針も輪針もこんなに整理してあるはずなのに、
どうして私は必要な時に必要な針を探し出すことが出来ないのでしょうか?
IMG_8947_20090208023316.jpg
L嬢: ママのお話には呆れました
IMG_8949.jpg
L嬢: もうこれ以上お付き合い出来ないわ

L嬢にも見放されてしまったことですし、
善は急げということで、スルスル~ッと解いてしまいました。
そう、Addi LaceのUS#5で編み直しを決定したのです。
IMG_8955.jpg
この糸、美味しそうなRaspberry色ですから、Fruits Tarteにでもどうかしら?

明日の午後は女友達4人をお招きして、
Afternoon Tea Pary for Valentine's Dayを予定しています。
こちらのValentine's Dayは、日本とは逆に女性の日(?)なのです
ケーキやお菓子を沢山焼いて、
心行くまでおしゃべりを楽しみましょう、の集まりです。

| Knit | 10:42 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。