PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

小雨模様の日には・・・

IMG_7102.jpg
"Coxcomb Sewing Box & Blackbird Pinkeep" Workshop Kit by BBD
Fabric: Vtg. Sand Dune 32ct by Lakeside Linens
Fiber: Crescent Colours Overdyed cotton floss

朝から本当に寒くって
結局一度も陽が射すことなく、夕方になってしまいました。


そんな日のために溜めてある(?)ステッチ済みのものを
今日は3つ仕立てることに成功
IMG_7119.jpg
先月半ばに開催されたSampler SymposiumでのWorkshopのひとつ、
Blackbird DesignsのWorkshopに参加した折の教材です。

Workshopの模様は、写真の整理が付き次第ご紹介しよう、しようと思いつつ、
新たなる写真をこうしてどんどん撮ってしまうために、
なかなか過去の分に遡ることが出来ないままです。
IMG_7113.jpg
さて、仕立てにはちょっと変わったものを使いました。

↑↑↑の画像の上の素材は、Chenille。
これは日本語では何ていうのかしら?
モール

このWorkshopではじめてこんな風に使うのね、と教わって以来、
アンティークなNeedlework小物に使われているのが目に留まりました。

これは、TopperとPinkeepの縁あしらいに使いました。
刺繍糸をよって作るコードよりも簡単に糸や布と馴染んで扱い易く、
また最初と最後の交差部分も自然に収まりやすいように感じました

毛糸屋さんでも見かけるこのChenille素材は、
アンティーク感を出すために一度軽く染めてあるそうです。
今回はすでに染めてあるものがキットにセットされていましたが、
このWorkshopのもうひとつのお楽しみ=色々な素材を染めたり、
脱色したりしてみましょう、の実演がありましたので、
いつか自分でもやってみたいと思います。

それから、同じ画像の下に写っているのは、
Walnut Shellsと呼ばれる、Pinkeepの詰め物として使ったものです。

その名の通り、胡桃の殻を細かく砕いたものみたいです。

適当な重さと密度が良い感じです。
これをPinkeepに使う効能は何かあるのでしょうか?
IMG_7106.jpg
撮影し忘れましたが、
Pinkeepの裏側の布は、Sewing Boxの内側の布と同じ赤い布です。

それにしても今日は久しぶりに晴れ晴れとした気分
何といっても2つもの仕立てを終えたのですから。
もう2つ、Christmas Ornamentsの仕立てが控えていますが、
その前に自分へのご褒美に、少しの間だけステッチか編み物に戻っても良いかしら?

| Cross Stitch | 17:11 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。