PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

手芸な日曜日~編み物編

IMG_1473.jpg
日曜日は、午前中から手芸系のお店回りで大忙し


こんな山を眺めながら、
IMG_1483.jpg
途中、ニョキニョキ生えてるサボテン砂漠を横目に、
IMG_1487.jpg
到着した先は、毛糸屋さん。

この日は質問満載だったので、
お客さんが少なそうな開店直後に出かけました。
IMG_1504.jpg
あ~、いつ来てもうっとり別世界なお店
IMG_1506.jpg
いけない、いけない、お店の中を見て回っている場合ではなくって、
今日は用事=質問が沢山あってやって来たのだから

いつも親切にして下さるDさんを見つけて、
私の取るに足らない愚かな質問を矢継ぎ早にお尋ねしました。
IMG_1497.jpg
手前の赤いCapeletは、前回の来店の際にこのお店から連れ帰った
3つのプロジェクトの内のひとつ。
あの日の晩数時間で出来ちゃいました、のUltra Fast Knitting

今日は、ボタンを見繕いましょう、でお店にあったボタンをあれこれ合わせてみて、
一番しっくり馴染んでいたものを乗せてみたところ・・・。
う~ん、写真では悪くないんだけれど、
このボタンはなんとMetal素材で出来ているんです、
というところが気に入らなくて呆気なく

それから、↑↑↑奥に見える長い長い茶色のScarfは、全長2m余り
あちらは、RowanのCocoonの手触り感を楽しむ内に、
あっという間に編めちゃいました。
Mindless Knitting、万~歳

Scarfにしては幅広で、
Shawlとして活躍出来そう

真ん中右寄りに写っている薄紫の編みかけがDさんの。
前回の来店の際にこれを見せていただいて誕生したのが、
茶色の私バージョンなのでした。

編み方がかなり緩めだとおっしゃるDさんは、模様編みのパターンを1回減らして、
さらに指定の針よりも1号細い針で編んでいらっしゃるにも関わらず、
同じく緩めな私の編んだ編地とあんまり変わらない幅に編み上がっていました。

Dさんが選ばれたこの薄紫色の糸で母にも1枚編んであげましょう、の
突発的な企画がこの時浮上し、
この色の糸のお持ち帰り決定

この日、このScarfのBlockingについてじっくり教えていただきました。

Blocking、ちゃんとした試しがなくて、
編み物系ブログでピシッとした仕上がりの完成品のお披露目を拝見する度に、
いったいどうしたらあんな風に綺麗に仕上がるんだろう?という謎の解明です
IMG_1499.jpg
そしてこちら↑↑↑は、色とりどりの編地の中にあった、
私のこの秋3つ目のプロジェクトのCapletに使うRibbon Yarnと
色違いの糸で編んだ編地。

この糸で編むCapeletのパターンの数箇所の謎解きもDさんにお願いしました。
このパターン本を開いてDさんの前に出した途端、
あら~偶然ッ!ついこの間もこれとおなじパターンの質問を受けたばっかりなのよ。

そして私の質問をお尋ねすれば、
そうそう、その方もあなたとまったく同じところについてお尋ねだったの。

あ~、よかった、私だけが相当弱いおつむの持ち主というわけでもないみたいね
IMG_1505.jpg
お店に向かう前には沢山あってメモにしてから出かけたほどの数々の疑問が
Dさんのご指南により次々と晴れました。

お店を出る前に、パターン本コーナーでひと休みしましょうか

| Knit | 09:24 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。