PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

訳ありのHardanger

IMG_9381.jpg

Design: 『はじめてのハーダンガー刺繍』 小野寺美智子 著
Fabric: Northern Cross Linen 27ct Natural
Fiber: Caron Waterflowers #71 Ambrosia

J子さんのご機嫌を損ねてしまったので(詳しくは次の投稿にて。)、
こんなものが登場中


今回は、日本のHardangerのデザインでお気に入りの、
小野寺美智子さんの新刊より、表紙になっているデザインを。

Hardangerのコースターは、
去年の夏に貢ぎ物としてお一人様ワインセット+1枚を刺して以来のこと。
20070704125729_20080525131436.jpg
IMG_9009_20080525131548.jpg


お気に入りといえば、もうお一人。
私がHardangerをやってみたいと思った4-5年前に
偶然の出会いでプチ弟子入り(CoasterのKit w/Online Classを購入。)した
刺繍の杜の美晴さんのデザインも大好きです。
※日本に帰国されてからは、Shopはお休み中のようです。

どちらの先生も、洗練された大人のデザインが魅力的

この春の新刊は、『はじめての』という通り、
一生初心者マークの私にはお誂え向けのデザインばかり
初心者用のデザインばかりを選んで刺す私でも、
さすがにこの程度だったら何度かちらっと図案を見るだけで
後はステッチもかがりもスイスイ進むので、
気分転換にはとっても良いですね、Hardanger
IMG_9368.jpg

↑↑↑は、刺し上がった後、縁のカットの前に縁から1本外側の織り糸を抜いたところ。

真ん中の糸を抜いてかがりステッチを入れたところの織り糸がむき出しのままで、
Finishing Touchに欠ける見栄えのような気がしますが、
ここは取り敢えずチャート通りにこのままで。

ここから裏返しにして、仕上げのカット作業に入ります。

これは、ワインサロン用にと思って随分前に揃えた、
ちょっとレトロ感の漂うカラフルな糸。
それに何よりも、なんだかとっても美味しそうな染め色でしょう
IMG_9362.jpg

小野寺先生本の見本作品のような
真っ白なHardangerにも強くあこがれますが、
出来れば実用に耐えるものを作りたいのと、
家の中に調和する色を選びたい→我が家に真っ白はあり得なぁ~い、ので、
そうなると白はやっぱりあこがれのまま、ということになります。
ちょっぴり残念。。。

さて、お話は今回使った糸に戻ります。

みなさま御用達とお見受けします某INSの糸色見本ページでは、
実物よりも随分と暗めの色味で掲載されておりますが
(どの糸もとても暗い色目に写っています。)、
実はかなり真っ白なところもあったりする、ずっと明るいトーンの染めです。

ワインサロンには、
額装されたステッチものが壁に掛けてあって=Samplerの壁 to be、
我が家で唯一のカラフルな空間。。。
IMG_9390.jpg

1枚目が数時間であっという間に出来てしまったので、
この勢いに乗ってもう1枚、と調子に乗って、
2枚目がただ今進んでおります。

少なくとも2枚+ワインボトル敷き=1セット、とすると、
あと1枚+1枚の誕生が望まれます←執事の発言

でもね、こっそり打ち明けますと。。。
ブログにアップしたかどうかはもはや記憶にないけれど、
実はこの糸を連れ帰ってすぐに始めたDoilyが、
クローゼットの奥深くに潜んでいるのです。
熟成歴、かれこれ1-2年ほど?
IMG_9350.jpg

BIG Book of Small Doiliesより
Fabric: Northern Cross Linen 27ct Tea
Fiber: Caron Waterflowers #71 Ambrosia

そう、あちらはワインボトル敷きにはぴったりのサイズ?と思って
か~なりお久しぶりのご対面を果たしてみれば、
あららぁ~、随分ご成長を遂げていらっしゃるご様子で→サイズ、大き過ぎ
IMG_9353.jpg

あ~、思い出しました。
最後のかがりステッチのところで、
一つ目のグループは難なくできたと言うのに、
2つ目はなぜか悪戦苦闘でまったく綺麗にステッチが入らなくて、
それで気分転換に縁のカットの前の『織り糸1本抜き処理』をやってしまったりして、
それからまたかがりに戻ってみたものの、
もう二度と納得の行くステッチは出来なかったのでした→原因不明

そうそう、マクロレンズさんがいよいよ私に麗しき微笑みを投げかけて下さって、
もうすぐ我が家にお出ましでいらっしゃるそうです

え~っと、また脱線。

↑↑↑のDoilyは、今作っているコースター達とセットにするには、リネンの色も・・・
『不揃いの美』は大好きだけれど、今回はちょっと使えそうにはありません。
よって、呆気なく不採用となりました。

→となると、私のノルマはあと0.5枚+ワインボトル敷き1枚=1.5枚
というわけで、結局はまだまだ長い道のりのようです。

| Hardanger | 11:05 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。