PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

春支度、はじめましょう。

IMG_6040M.jpg

"Trousse de la Brodeuse " Special kit by Coeur de Lin

突然暑いなぁ、と感じる陽気が続いたり、
寒さが戻って雨まで降る日があったり。
典型的な春の訪れを感じる、今日この頃です。


布物ソーイングモードはまだフツフツしているものの、
ちょっと構想がまとまらないことがあったりして、ただ今小休止中。
それでもどうもまだミシンと仲良くしたい熱が治まらないので、
昨日は予期せぬ『首輪祭り』→ワン&ニャンちゃん用の首輪を9個同時製作。
リードも3つ出来る予定。。。

ステッチは~、実はこちらもフツフツ中で。
でも、あるんですね、予期せぬ再会、というものが☆

ソーイングルームのクローゼットの中を何やらゴソゴソお探しもの中の時に、
あちこちに(ひとまとめにしてあるはずが。。。)懐かしいものたちを発見!
IMG_6043M.jpg

その中のひとつが、今から丸2年前にベルギーからやって来た↑↑↑こちらのキット。
Minicさんが、2005年の秋から冬にかけてこのお針回りの携帯用収納バッグ(?)を
製作されて(残念ながら、現在のブログにはもう載っていません。)、ひと目惚れ。

彼女とは、Vお姉さまとお近づきになるきっかけともなった某交換会にて知り合いました。
その交換会の第2回目の参加の折の私のパートナーが、Minicさんだったのです。
あれから何度か二人交換会をしてみたりしましたが、
一昨年あたりから私が交換会をお休みすることにして以来、
すっかりご無沙汰になってしまって。

春の声が聞こえて来たと同時に、
こちらのキットも永らくの眠りから目覚めようとしている?、ということで、
取り出してまいりました。
IMG_6148.jpg

必要な物は刺繍糸3種類以外はすべてこのキットに揃えてあります。
が、多分これはMinicさんがお店のモデル作品と同じ材料を調達してくださって、
それをキットにしてくださった物だと思われます。
細々としたリボンやテープ、そして金具などは、
いざ自分で揃えるとなるとなかなか似たようなイメージのものは手に入りませんので、
彼女の心優しいお心遣いにはとても感謝しています。
IMG_6048.jpg

そして中でも特筆すべきことは、↑↑↑このドロンワークの下準備?が施されたリネン!!
リネンテープのように、上中下にはジャガード織の模様が入っていて、
ドロンワーク用エリア?が3段用意されています。
ここに、指定のかがりを入れるだけ、というなんともありがたい仕様のリネンなのです。
これを最初に手にした時には、ビックリでした。
IMG_6064M.jpg

そしてMinicさんからのもうひとつの細かい配慮がここ↑↑↑にも。
ドロンワークのかがりの仕方の図解入り説明のコピーが、
優しい応援の言葉の書かれたカードと共に同封してありました。

<こっそり>・・・このデザインの説明書(赤い紙×全3枚・裏表)は、
文字=フランス語がびっしり、での説明が主で、図解とチャートがちょっぴりだけ。
普通にXXXすれば完成させられる額装ものとは違って、
説明文が威力を発揮する小物作りですから、
これはフランス語の課題?なこのキットは、ちょっと手強そうです。

さぁ~て、こちら↑↑↑はまずは説明書の一読から始めませんと
いきなりのXXXは無理そうですので、なんてまた言い訳したりしながら、
こちら↓↓↓も同じくフランスからやって来た赤いもの繋がり?ということで
始めちゃいました。
Marquoir 2005 2月18日

"Marquoir 2005" kit by Marjorie Massey - Le Passé Composé

こちらも2005年のデザイン。。。

bikkeさんが始められた時に、
どこかで見覚えのあるデザイン?、なんてぼんやり眺めて気が付いていたんです。
そういえば、私の所にもあったわ~→遠い目。

久しぶりのHand Dyed Linenではないリネン→糊がバリッと効いたリネンは、
ちょっとゴワゴワ過ぎ?な感もありますし、
コットンフロスはそのバリッとしたリネンの織り目を通る度にケバケバ度を激しく増して
なかなか優雅とは言いがたい組み合わせではあるものの、
キットの手軽さをわざわざリネンや糸を換えて壊してしまう勇気がない(面倒?)ために、
このまま続行を敢え無く決定。
それに、Marjorie女史の可愛いフランスチックなデザインには、
このコットンの爽やかな感じがしっくり来る印象であることは間違いないので。

春らしい、うさぎさんが右下にピョンって跳んでいるところも
この時期にぴったりな感じがして〇。SP2月17日

そう、それもこれもみんなあなたがいけないのよ、と、
私が一気に2つもの赤いWIPを確信犯的に増やしてしまったその理由を、
全部こちら↑↑↑のSarah嬢に押し付けることにしました。

なぜって?

だって、この方ったらあちこちが地刺しモードだらけで、
しかも愚か者の私はそれをミクロバージョンになんてしてしまっているがために、
楽しいんだけれどその楽しさがあまりにもマニアック→全然進まないxxx過ぎで
テンションの持続が難しいのです。

| Cross Stitch | 12:47 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。