PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

相性の問題

MB Spool1

"Bobine à ciseaux " kit by Muriel Brunet

ミクロステッチに疲れたら、
初心に戻って→DMCの2本取りこんなのはいかがでしょう?


このキットは、やはり去年の秋にお出ましになられた、
フランスのお姉さまからの頂き物です。
あの時の興奮が年明け→もう既に2月も半ば、からやっと冷めつつる今日この頃、
頂いたものを正視出来る余裕が出てまいりました。
・・・このノロマさ加減、自分でもかなり手強いです
Spool2.jpg

先端の片方に鋏の先が入れられるように穴が開けられた糸巻きの
お飾りをしましょう、なデザインになっています。
そしてこのキットは至れり尽くせりキットでして、
鋏以外は自分で調達するものはないかと思われます。
なんと、キルト綿までセットされている~~~
MB Stitch

細めのリネンテープにステッチしているのですが、
このハートのモチーフを上下にどの配置で持って来るか、
というのが私の課せられた最初のテーマ。
何しろご覧の通り、上下ともに殆どギリギリまでモチーフが入るんです。

いつも通り、どこかに年号と自分のイニシャルを入れましょう、
という漠然としたことだけは決めてありましたので、
では、下の方に若干=上よりも1ステッチ分?、多目に余白を残せるようにしたら
どうかしら?

このDMC+2本取りでステッチ、という組み合わせは、
数年前に8角形のピンクッションのひとつを28ct+DMC+2本取り、で作った時
以来です。
この組み合わせにはもう絶対に戻れなぁ~いと高らかに宣言(?)したのに、
こんな形でキットとご対面するとは~

そこで、実は、このデザインをマイバージョンに換えてしまうべく、
最初に思い浮かんだアイディアは同じ材料を使いながらも、
このリネンテープにOver Oneのステッチで、
ちっちゃなハートを沢山ステッチするバージョン、でした→いつも通りの私流。

というのも、刺繍糸を2本取りでステッチすることが苦手だから、という理由のほかに、
私にとってこのデザインはどこか収まりの悪い印象が漂っていて、
それがなんとも居心地の悪い感じがしてならなかったからです。

私の中で頑なに信じていることがあります。
何かを作ろうとする時の布合わせや柄合わせの時にそれが脳裏を横切り、
今回もその『法則』に従えば、
大柄→武骨な糸巻きに合わせるステッチのモチーフには、
どちらの持ち味も生える→対象的な質感、大きさなど→この場合には、
小さな連続柄などを持って来る、という風にしたかったのです。

この『法則』は、一番最初に手芸を習った時、キルトの基礎クラスにて教わりました。

最初のクラスでは、布合わせを習いました。
先生が用意して下さったさまざまなサンプルの布を目の前にして、
これから作る自分のキルトを想定して布選びをするのです。
最初に出された指示は、『大中小と3つの大きさの柄を組み合わせて配置してみて。』、
ということでた。
配色とはまるで関係なしに、この柄の大きさと質感だけで布合わせを学ぶのです。

布選びの際、私はどちらかというと(というか、絶対的に。)色から入りたがります。
まず、自分の好みの色の布に視線が向くのです。
それは今でも変わりません。
そういう習慣のある私にとって、柄から入る布選び、というのはある意味斬新、
でもかなり苦手な手法でした。

が、だんだんと色々な手芸を知るにつれ、
この大中小の柄をセンスよく配置することが、
時には色よりも全体的なイメージに大きく影響することが実感として分かって来ました。

と、なんだか脱線気味ですが、
そういうわけで、私の中では『大柄と大柄同士の2種類だけの組み合わせ』というのは
まったくもってしてのタブーになっているのです。
が、このキットxxx

それを結局オリジナルとは殆ど違えずに、
いつも通りのマイバージョン化→年号とイニシャルを入れる、だけで
折り合いを付けることにしたのは、
その年号とイニシャルをミクロで入れることによって、
大柄同士のバランスが取れるのではないか?、という風に納得出来たからです。
そう、せっかくの憧れのデザイナーさんのキットなんですもの、
マイバージョンに変身させることだけが楽しみにつながるわけではないわ、
なんていう風にも思い直したり

ところで、久しぶりのDMCの2本取りは、どこまでも私に意地悪で、
たったハートを3つ、だけのところで結構苦しんでいます

さぁて、あともうひと息がんばってステッチして、
勢いに乗っている内に仕上げまでたどりつけますように。

| Cross Stitch | 11:52 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。