PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ステッチモード、復活の兆し?

Letter T

"Patch alphabet - letter T" Kit by Un chat dans l'aiguille

ステッチは、あっという間に終わっちゃいました。


ステッチの下絵(?)が水で消えるかどうか、
端っこの方にあったこの布をカットする用の線の所をちょっと洗ってみましたが、
薄っすら色落ちする程度で、綺麗にはなくならず・・・。
どちらかというと消さない方がまだマシ?な印象でしたので、
そのまま残して→唯一下絵が見えているFeather Stitchをほどいて、
指定の2本取りから3本取りに換えて刺し直し。
それでも2本取りの時と殆ど変わらない感じのままですが。
SP2月11日1

"Sarah Spurr" by Carriage House Samplings
Fabric: Vintage Sand Dune by Lakeside Linens 36ct
      Tent Stitch over one
Fibers: NPI

そして次なるお楽しみは、こちら↑↑↑。

こちらのSarah嬢(実は、もう1人家には元祖Sarah嬢(?)がおいでになられます。)が
最後にお目見えしたのは、確か去年の夏、NYに行く前のこと・・・。

そして時は流れ、今年もまたこの時期→Nashville Market。
このデザインは、去年のNashville MarketでReleaseされたもので、
ひと目見たその時からとても惹かれたデザイン。
が、何故か即購入→ステッチ♪には至らず、
結局このデザインでちょっと遊んでみましょう!!な構想が浮かんだ去年の春に、
40ctにOver Oneでステッチしましょう戦法で開始することにしました。

が、40ctにOver OneはTent Stitchでさえもかなりの苦しみ。
敗因理由はたったひとつ。
このデザインには地刺しがとても多いことでしたxxx
Boaderは限りなく細かい&3色の地刺し、
そしてこのデザインの中で一番最初に目が留まった黒X白のChecker柄のところも。

このデザイン、36ctにステッチして5X4インチの大きさです。

その後、あっさりリネンを換える→36ctへ、ことで再スタート☆と思ったのもつかの間、
36ctに換えてもその細かさと埋まっている感は40ctの時とあまり変わらず。
SP2月11日3

その上さらに悪いことには、リネンの色と地刺しに指定されている内の1色とが
ほぼ同じ色(針に通してある糸です。)
刺しても刺してもいったいどこをどう刺したのか全然見えない、
なんとも達成感の得られない糸・・・・。
白よりも見えにくい糸、それはリネンと同色の糸ですね。
当たり前のことなのに、リネンの色がいたく気に入ったことに目がくらみ、
糸のことなんて全然忘れていました~、の悪い例です。

ミクロステッチは大好きなはずなのに、
安易なリネンと糸選びの結果、Sarah嬢には申し訳ないことをしてしまいました。

それでもこのデザインはやっぱり大好きですし、
昨日からちょっぴりステッチモードに戻って来たところで、
WIP?UFOの内のどれかひとつを完成させたい、ということで、
Sarah嬢との再会を果たすことに決めました。
SP2月11日2

さぁ~て、注目の第二戦はいかに!?

| Cross Stitch | 11:05 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。