PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

Armchair Sewing Caddy

ASC11.jpg

"Armchair Sewing Caddy" by Maureen Greesonを参考
Stitch Design from "PETITS CADEAUX BRODES"
by Sylvie Castellano and Frédéric Lucano
Fabric for the main part: Waverly
Fabric for Cross Stitch: Lakeside Linens 40ct Lenthl
Fiber: AVAS 100/3 #499

試作品が出来ました。


ちょっとVictorian手芸系にはまりかかった頃に好きだった、
Maureen Greesonさんのショップオリジナルのパターンです。
(既に廃業された模様。)

彼女のパターンを使ってみたのは、これで2つ目。
ちょっと特徴的な発想が元になった作り方→クセがある、で、
元々はCrazy Quiltをほどこした布をあしらうようになっているデザインです。

ほかにも彼女のパターンで作ったものがあります。
数年前にマイブームになった小さなバッグ
いったいいくつ作ったことでしょう?

そして今回は、このSewing Caddyに挑戦してみました。
いつもステッチはソファにどっかり腰掛けてするのですが、
糸くずやステッチ小物が回りに散乱して、なんとも優雅とは言い難いステッチ環境で
ASC4.jpg

この間Veroさんがいらした時に彼女も『私もソファでステッチするんだけれど、
細かい糸くず、ソファと壁の間にこっそり落としちゃうこともあるの。』って
おっしゃっていらして、あらぁ~、やっぱりこういうのがあると便利よね、なんて、
ずっと温めていたこのデザインを思い出したのでした。。。
ASC6.jpg

お気に入りのWaverlyのファブリックを2種類組み合わせて。

このインテリアファブリックはかなり厚めなので、
本当は正バイアスにして縁取りをするべきですが、
この布を他にも使う予定(いつ?)があるので直線裁ちにして使ってみましたら、
内側のカーブのところがやっぱりゴワゴワでスムースには仕上がりませんでした。
反省。。。
ASC1.jpg
ASC2.jpg

オリジナルでは、巾も長さもどどど~んと巨大なのですが、
ちょっと大き過ぎなように思えて、私はそれを適当に縮小しました。
でも、家のソファはどれもArm部分の巾がかなり広いので、
長さは変えずに、もう少し両端が下がる感じにしてもよかったかもしれません。

真ん中のピンクッション部分は別仕立ての後付けではなくて、
本体から作る仕様→理解するのに少し時間がかかりました。
ASC5.jpg

そこを改良して、ピンクッション部分全体をステッチ用のリネンにして、
そのリネンにステッチを、というのが最初のアイディアだったのですが、
どうも本体とのバランスが良くない感じで全体としてのまとまりに欠ける印象になってしまい、
急遽内布に使ったTicking Stripeの布をストライプが内布とは別の方向に出るように
カットして、そこにステッチ済みの小さなピースをラベルみたいにして縫い留めることに。
この辺りもまだ改良の余地がありそうです。


ASC7.jpg

| Cross Stitch | 15:23 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。