PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏休み明け

20070803082252.jpg

これを見ると元・空子ちゃんだった名残の血が騒ぐ!?

ちょ~っと間違ったフリをしてすぐお隣のゲートからロンドン、東京、
アイスランド、そして香港へとヨリドリミドリ状態


NYから帰って来ました

ほぼ10年ぶりのかの地は、
それまで何度となく訪れるたびに私が苦手だった街とは様子を変え、
まるで一度も見たことのない、新しい街になっていました
20070803082950.jpg

今回の滞在先は、SOHOのY子お姉さま邸。
SOHOには魅力的なカフェ・ビストロ・セレクトショップや
有名ブランド店などなど、誘惑満点のキケンな街
20070803083112.jpg

中でも、ちょっと行ってみたかった毛糸屋さん・Purlでは、
かなり強烈な刺激を浴びてしまいました
Purl14.jpg

間口の3倍の巾に、奥行きはそれよりちょっとあるくらい?な
Purl8.jpg

Purl07.jpg

小さなスペース(この辺のお店はどこもこんな感じ。)に’
カラフルで質の良い毛糸がぎっしり
Purl12.jpg

Purl6.jpg

入り口を入ってすぐのところにあるテーブルの上には、
色とりどりな毛糸で自由自在に編まれた綺麗なSwatchが。
Purl03.jpg

どんなのがあるかしら?、1枚ずつ手にとってみましょうか☆
Purl`6.jpg

Purl15.jpg

Purl4.jpg

このSwatchを眺めているだけで結構シアワセになれるというのも
どうかと思うのですが、まさにそんな気分でうっとり
こんなにちっちゃなお店なのに、お店を丸ごと全部大好き
というほどに、ここでの時間を存分に楽しんで来ました。
※このお店の系列店で、数軒先にパッチワークのお店もあったのですが、
時間の都合と毛糸屋さんだけで多大な刺激を浴びてしまって倒れそうでしたので、
今回はここだけでおしまいにしました。。。

様々な角度からこのテーブルを眺めている内に、
ちょっと編んでみたいかも?な毛糸が見えて来ました。

白羽の矢を立てたのは、スカーフ用に2種類・3色の毛糸たち。
選んだ毛糸たちに合うTurboな輪針を選んで、
そしてかせになっていた毛糸たちは、
お店の方がSwiftでクルクルと巻いて玉にしてくださいました。
Purl10.jpg

このお店の魅力のひとつに、店員さんたちの可愛い姿、というのがあります。
みなさん本当によくお似合いの、素敵なお洋服を着ていらっしゃるんです。
私の好きな、10-20%のフリフリと、80-90%の辛口を上手に取り入れて、
色も素材もまちまちなのに、個性的に組み合わせたところがお洒落
ここ何年かの編み物ブームによって、こういうお店が沢山出来ているんですね、
きっと

私が連れ帰ったプロジェクトは2つ。
ひとつは、スカーフ見本として同じテーブルの上にあったこちら↓↓↓。
Purl01.jpg

フリフリのフリルが可愛いし、お店の方が『ちょうどあなたに合う赤い色もあるのよ、
この毛糸で。』なんて言うから。
Purl02.jpg

私にはちょ~っと無理かしら?と思いつつも
お手々が伸びてしまいました
20070803094519.jpg

毛糸はBlue Sky AlpacasのBrushed Suriの新色、#910のCandied Apple。
白い方はモデル作品と同じ色で、#900のWhipped Cream。

ここ↑↑↑でBind Offして方向転換していよいよフリル作りに入るみたいだけれど、
・・・ちょっと謎めいていて進みません

そしてもうひとつは、ガーター編みだけなのに毛糸の質感のせいで
凸凹になった編み目が可愛いこちら↓↓↓。
Purl5.jpg

Ozark Handspanという毛糸。
色番号は不明。(玉巻きにしていただいた時にラベルを入れ忘れたみたい。)
Purl11.jpg

ありとあらゆるジャンルの流行のお洒落が集まっている
この街=SOHOの思い出にピッタリなスカーフが出来ました。
purl3.jpg

US17号の輪針で確か7目のガーター編みだったかな?、
(この『7目』というところが重要なポイント!
数えられない私にまさにお誂え向けな目数でしょう?)
それを糸がなくなるまで延々と編み続けるだけで、
こんなに可愛い表情のスカーフが出来ました

というわけで、意外な所で意外な時期に一気に編み物モードが復活
ほぼ半年ぶりにおそるおそるチャレンジしてみると、
案外手は覚えているものですね、編み編みの感覚を。

そこへタイミング良くお誕生日祝いにと、
London土産を兼ねてフランスからやって来たこちらは、
3通りのデザインの小さなバッグが編める(材料はひとつ分。)
麗しのRowanのキット
はじめてのCotton糸での編み編みは、
一緒に見繕って頂いた赤いメタルの棒針で。
スイスイ楽しくって止められなぁ~い
20070803094453.jpg

それから、去年の冬からずっと注目していたCable編みのバッグ、
最近↑↑↑の赤いスカーフ用に手にしたBlue Sky Alpacasの感触が
とても気に入ったのであちこちをウロウロしていたら、
Blue Sky Alpacasのサイト経由で見つけたんです、このキットを。
20070803094507.jpg

Bulky Hand Dyesという名前の糸で、色は#1010のRed。
US13号の棒針でざっくりざくざくCable編みして、
気が付いたらもうすぐにでも出来ちゃいそうな勢いなんだけれど、
お楽しみはじっくり味わいたい=他にも↑↑↑の2つの編みかけあり、なので、
ちょっとずつキリの良い所まで編んではニッコリして次へ。

それからそれから、こちらもまた半年ぶりにLYSに行ってみれば、
毎月のSampler Sundayでご一緒するステッチ屋さんの店員さんのさんが
その前の週にいらして私のことが話題になったそう。
彼女はこのブログの記事をずっと前にご覧になって、
一度行ってみたいと思っていたんですって。(LYSの店員さん談。)

ところで、我が家に多数生息するステッチちゃん達のご機嫌はいかに
・・・今の所何も進歩はないような、あるような、
いえいえ、本当は全然ないんです、この夏はまだ。

というわけで、ただいま編み編みモードと共に
遠い目で秋を待ちわびながら日々過ごしております。

     *** ブログの更新はもうしばらくのあいだ夏モードの予定で、
        コメント欄もこのままはずしておくつもりです ***

| Knit | 02:13 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。