PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

プチ・サンプラーの壁計画

Q-and-S.jpg

今宵は我が家で美味しいお酒でもご一緒にいかが?


BさんやCさん、そしてDさんの素晴らしいサンプラーの壁をネットで拝見して以来、
私の中にフツフツと芽生えたサンプラーの壁計画は去年以来じわじわと進行中です。
With-Limo.jpg

わざわざお披露目するには大袈裟な、
たった5枚の額装された中くらいと小さなサイズのステッチものたち。
ここは我が家の第二の居間?、お酒の間?な場所でして、
このあたりの壁を額装したステッチもので埋めるのが当面の目標です。

ここに掛けたものはすべていつものステッチ屋さんに額装をお願いしたものばかり。
自分でなんちゃって額装したものたちとその他諸々の小さなものたちは
別の場所に飾ってあります。

*** 2004年 ***
額装第1号はFrench Alphabet Samplerと題して、
今からちょうど3年前にThe Atticにて開催のクラスに参加して
手持ちのVeronique Maillard本を駆使して自分のイニシャルで埋めたものです
AVASの100/3のピンクの濃淡をNew Castle(40ct)のオフホワイトにステッチした、
あの当時の気分がそのまま出ているかのような可憐なサンプラー@_@)y-??
また、これは私の40ctリネンデビュー作でもあります。
何がなんだか分からないままにクラスの受講を決めて、
その時既にサンプルとしてオーナーのJeanがステッチしていらしたものと
同じリネン、同じ糸(色違い。)を迷わず選んだ末のことでした(^.^;;
FAS-Framed.jpg

FAS-Edge2.jpg

*** 2005年 ***
額装第2号は、Quakerデビュー作のThe Token by Long Dog Samplersです。
これは、当時一世を風靡した同じくLong Dog SamplersのMouline Rouge
憧れたものの、あの巨大なサイズに圧倒されてなかなか踏ん切りがつかなかった私に
似たようなデザイン(当時は、Quakerのメダリオンサンプラーの知識ゼロ。)よ、
とお店のオーナーのJeanが薦めて下さってステッチしたものです。
The-Token-Framed.jpg

The-Token-Edge.jpg

Strawberry-Garden-Framed.jpg

STG-Edge.jpg

*** 2006年 ***
そして、去年のBBDのLoose Featherブームにとりつかれてしまい、
Strawberry Garden
Quaker-Garden-Framed.jpg

QG-Edge.jpg

Quaker Gardenが次々と誕生し、
Box1.jpg

そうそう、壁には掛けられませんが、BBDもので箱仕立て、というのも出来ました。
こちらもThe Atticにお願いしたものです(^_-)☆
Box2.jpg

またBBDものの合間には、ある日Legacy BBにて目にした
フランスの復刻デザインのVictorineちゃんもいました。
Vic1.jpg

これを赤いバージョンでステッチされた作品にひと目惚れしてしまい、
そのステッチャーさんにお使いになられたリネンと赤い糸についてお尋ねして
すぐに始めたことも、今ではとても遠い昔のことのようです。
Vic-Edge.jpg

そうそう、MMさんがマイブームになったのも一昨年から去年にかけてのことでした。
MM-Framed1.jpg

こちらはThe Atticにて額装をお願いしたもののひとつですが、
MMさんコーナーを別に設けたいがために敢えて壁には掛けずに
他の2つの小さな作品と共にイーゼルに立て掛けて飾ることに。
MM-Frames3.jpg

他にもクリスマスものとハロウィンものがいくつか出来ましたのも
去年のことでしたが、クリスマスものは額装しないままに
あっという間に年明けになってしまいました(^.^;;

こうしてあらためて整理してみますと、
去年は小物作りを控えたお陰か、思いのほか額装ものが増えていますね。
刺しっ放しで完成☆彡 な額装ものは、その後の仕立てに悩むことのない、
私には合っているスタイルなのだということも再認識しました。

額装は、インテリアに合わせるのではなくて、
作品自体との相性だということも、The Atticの額装担当のSandyさんに教わりました。

今年ものんびりとステッチしながら、
これから少しずつ壁が埋まって行くのを楽しみにすることにいたしましょう。

| Cross Stitch | 06:16 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。