PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

My Bee Keeper Class Day 4 - Finished!!

MB-Fini2.jpg

先週の火曜日にアップされたクラスの最終回分を今朝終えました(^○^)/
I finally got finished "My Bee Keeper" in this morning!
Drum Roll Please...




今回の内容は、

1. 残ったシルク糸を使って綴じ紐用のコードを作り、ミツバチちゃんを通して本体に取り付ける。
2. 前回合体させた4つのアコーディオン式のポケットの底同士を縫って留める。

これだけです('-^*)

そして今朝もいきなり困難はやって来ました。・°°・(>_<)・°°・。
綴じ紐用のコードを本体の両側の縁のほんの少しの隙間に差し込んで留める、
というところです(`ε´)

そもそも、本体はステッチしたリネンと内布のSilk Dupioniを裏表にしてミシンで縫って
表に引っくり返して出来たものなので、
「ほんの少しの隙間」=ミシンの縫い目と縫い目の間、なのです(^.^;;)
こんなところに果たしてミシンの縫い目を切らずしてコードを差し込むことが出来るのでしょうか?

最初は太めの針でぐいぐいミシンの縫い目と縫い目の間をこじあけて
なんとか済まそうとしましたが、いつまで経っても相応な隙間が出来ません(-_-;)
そこで少々手荒だとは思いましたが、目打ちでガンガン行くことに計画を変更。
すると割とすんなりと適当な大きさの穴が開きまして作戦成功☆彡

でもここでまたしても問題が(^.^;;)
この綴じ紐は2本のコード(最初は1本ですが、後で切って2本にします。)の真ん中に通した
ミツバチちゃんがポイントで、端と端を引っ張るとス~ッと両方のコードが引っ張られて
それで自然に綴じられる仕組みになっているのですが、
そうするためにはその2本のコードのどちらの端(端は全部で4つ。)を本体に差し込むか、
という所で少しばかり頭を使う必要があるのです。
作り方の説明には「緑色の2つの点を本体に入れる。」とありますが、
私の目にはその緑色の点、というのがどこにも見当たりませんでした(~_~メ)
それでこの点をあまり深く考えもせずにただ本体に差し込んで「出来た!!」と思いきや、
ミツバチちゃんを引っ張ってみてもコードが引っ張られない。・°°・(>_<)・°°・。
そうです、私は間違った方の端を本体に入れてしまったのです(`ε´)
ここで困った時の神頼み(?)のつよ吉にご登場願いまして現場検証となりました(^.^;;)

やり直しモードで、既に両方入れてしまった片方だけを取り出してから、
コードの「正しい端っこ」と差し替えしました。
そしてめでたくミツバチちゃんがコードを引っ張ってくれる仕様に納まりました(^○^)/
20060508071634.jpg

その後、前回合体させた4つのアコーディオン式ポケットの底部分の指定された所を縫い合わせ。
さて次のページに進みましょうか、とちょっぴり心の余裕を感じながら(?)ページをめくると、
あらっ、これでおしまい、よく出来ました☆彡 の言葉が(^_-)☆
あの怪しいおじ様も、格別の笑みを浮かべてお喜びのご様子(*^^*)

そして本当の最後の最後に、キットにセットされていたオーガンジーのリボンの使い道が
記されていました。
これは鋏のお飾り用だそうで、市販の別のミツバチちゃんのチャームに通してから
鋏の柄にくっつけるそうです('-^*)
欲を言えば、このミツバチちゃん(商品番号まで記載があります。)もキットに入れておいて
下されば、本体の完成直後にその勢いがある内にこのチャームも作れたのに♪
後から自分で買ってつけてね、となりますと、一体いつどこでゲット?という感じで
多分すっかり間延びしてしまって忘れてしまう可能性が(-_-;)

これで全4回のクラスが無事に終了いたしました(^○^)/
途中数々の苦しみ&困難を経て、何とか完成させることが出来ました。
ご一緒しましたBrookさん、ありがとうございました。
お陰様でとても勉強になりました。

今回この4回に分かれたクラスを受講してみて感じたことは、

< 利点 >
- 毎回の作業分量が少なめなので、精神的にも区切りがつく。
- 作り方は1回ごとにしかアップされないので、リアルタイムでクラスについて行くことが出来れば
  最初に全部一気に「これ全部です!」と放り出されるよりも精神的に楽。
- 大きな画像がたくさんあって、言葉での説明+画像でよりわかりやすい。

< 希望 >
- 作業内容が通しで最初に見られないので、後になってから前に既にしたやり方を後悔したり。
  前もって最後まで作業内容を知っておけば、ここは違うやり方にしておいた、
  という箇所が何箇所かあった。
- 画像量は多くて大きくて鮮明なほどよい。
  出来れば少し難しい&変わった作業内容に対しては、
  数枚別の角度からの画像があれば尚よい。
- 最初の回に作業内容&工程の全容の一覧(目次みたいなもの?)があると良い。

まだその他諸々出て来そうですが、
ただ今ようやくの完成と達成感のほどよい疲れで頭が働きません(-_-) zzz

それではこれから主宰者のJackieさんに完成画像のお披露目とご挨拶にあがりましょう☆彡

| Cross Stitch | 04:03 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。