PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

English Samper、その後

3.2.jpg


今日はしばらくぶりにEnglish Samplerに手を伸ばしてみることに。
これは、何年も前に廃刊になってしまった「Treasures in Needlework Magazine」に
掲載された作品だそうです。

English Sampler - Sandy Orton
Fabric: Glenshee Linen, 32ct, Natural
Thread: Au Ver a Soie(Soie d'Alger) Single strand

次のクラスは3月12日(土)。
それまでに宿題部分を仕上げなくては~、のプレッシャーがあるのです。
Limoちゃん、どうかお利口さんでお昼寝していてね。



この手のサンプラーの色使いは、私の好みとは程遠いマルチカラー。
しかも、ゴールドのラメ糸使い(@@;)!!
本当はもっとシックなmuted toneがお気に入りなのに
それでも手を出してしまったのは様々な特殊ステッチ+ホワイトワークが
実に魅力的だったから。
しかも私はこのSoie d'Algerというシルク糸との相性がとても悪いみたいなのです。
細くってどこまでも繊細な撚りのこの糸は、
貴婦人の如く近寄り難くツンとお澄ましした印象&刺し心地。
去年の今ごろ同じデザイナーさんのAmerican Samplerがまったく停滞したままなのは
まさにこの糸と合わせたリネン(Edinburgh)の相性のせいと言っても過言ではないくらい。
それでも今回はリネンと糸との相性がバッチリでスムースなので、
それが幸いしてちょっといい感じで進められそうな予感がしています。
こんなに気持ちのよい組み合わせというのも珍しいかもしれません。
しかし、このすぐ下の段は全ゴールドラメ糸でのステッチが待っています(-_-;)
・・・飛ばして次に行きたい衝動に駆られています。

↓の画像は、針置きの小物です。
この裏側にマグネットが付いていて、付属のもうひとつのマグネットをリネンの裏側に留めて
トップの飾り付きマグネット→針→リネン→もうひとつのマグネットの順で使うようになっています。
多色刺しの時にいちいち針から糸を抜いて糸替えせずに済むので、
行方不明な針が多いずぼらな私には便利な小物です。
20050302122037.jpg


*~*~* 今までのステッチ *~*~*
Long-armed Cross-stitch
Cross Stitch
Four-sided Stitch
Slanted Satin Stitch
Montenegrian Cross-stitch
Smyrna Cross

20050302124847.jpg

| Cross Stitch | 04:37 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。