PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

Treasures of Thy Life So Dear- Merry Cox のはじまり

9.2.jpg

青いドレスのお嬢さんのお次は、こちらのソーイングバッグです。
こちらの4つ目が完成予定の画像です。


ご覧の通り、ふたにも内側も外側も繰り返しのパターンが沢山(@@;)!!
こんなに沢山あると途中で必ず何度も間違えてしまうことは目に見えていますので、
いつもは飛ばしてしまうふた目ごとのガイドラインをきちんとステッチしてから
ゆっくり始めることにしました。
でももう既にここで困難が(^.^;;
このガイドラインのステッチが延々と続くのですが、
チャート通りに刺したつもりが何度間違えては目数が合わなかったことか!?
信じられないのですが、メインのステッチにたどりつくまえに、
私はもうここで息切れしてしまいました。

なんとか気を取り直してクルクルからまる蔦から始めました。
これはZweigartの32ct SandstoneにAVASの100/3のオリーブグリーン色のシルク糸での
1 overのミクロステッチです。
Merryさんのキットはこれで5つ目(完成させたのはお嬢さん以外にはこちらのみ。)ですが、
私も気に入っているこの糸がセットされていたのははじめてです。
Thread GatherやGloriana Silkなどとの質感がかなり違うのですが、
これらを合わせた時にどんな効果が出るのかも、完成の楽しみのひとつです。

それから、このデザインにはひとつ面倒なところがあるんです。
家族の記録、みたいな感じで、自分の家族の名前や記念日などを
自分バージョンに置き換えてステッチする部分が外側部分に一面あります。
まだどうするか考えていないのですが、ちょうど範囲内に収まるようにアレンジするの、
やや不安がよぎります。

この果てしない葉っぱとのお付き合いは、これから一体いつまで続くのでしょうか?
間違わずにステッチすることが最重要ポイントだなんてレベルが低過ぎですが、
でもそれが本当に今の私の使命です。。。

そうそう、この間Sarahちゃん達と一緒にScarlet Letterさんからやって来たこちらの鋏、
ちょうどいい重さ(手持ちのどの鋏よりも重たいです。)と切り味が気に入っています。
本当はSarahちゃん達の代わりに別のお店で取り扱いのある
Solingenの刺繍鋏セットを考えていたのですが、
金メッキではなくて銀色(お手入れが大変な純銀でもなくて。)が見つからなかったことと
今回はQuaker熱にうなされ中でしたために、Sarahちゃんが勝ったのでした。
それでも諦め切れない鋏、ということでこちらがやって来たのでした。
この鋏用にシザーキーパーも作りたいのに、↑の葉っぱから今しばらくの間は
脱出出来そうにありません。

| Cross Stitch | 08:22 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。