PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

最後のひとつ

The-Good-Huswife-Kit.jpg

年末に廃業されたThe Good Huswifeの『1798 Quaker Sampler』、
今ごろになって欲しくなって探して、カナダでやっと見つけました。

             *~*~*~*~*~*~*
     私の壊れたPC事件の後、心優しいつよ吉がデスクトップの方を
     私仕様にセットアップしてくれましたので、
     こうして取り敢えずネット生活に支障がないようになりました。


見つかったのはカナダのお店で、最後の1枚でした。

時々覗いているクロスステッチの掲示板でも私と同じように最近Quaker病にかかってしまって
今ごろ欲しくなったThe Good Huswifeのチャートをあちこちお探しだという方々の
コメントを拝見していたら、ついついその気になってしまったのです。
その掲示板では、デザイナーさんも発言していらっしゃるので旬の情報が満載です。
かなりマニアックな方々の集まりみたいで、例えば↑のThe Good Huswifeのチャート探しの場合、
『xxxを探しているんですけれど、どなたかご存知ありませんか?』
という問いかけに
『xx州のxxx町のB&B(ペンションみたいな所です。)のショップにあったわよ。』
ですとか、
『xxx美術館のショップにもありました。』
なんていう、私でしたら探しているチャートはクロスステッチの専門店で探すしか
思いつかないことをこの方々は信じられないような角度から教えてくださるのです。
それでその掲示板で今回お世話になったカナダのショップのことを知ったわけです。

このお店、サイトのトップにもなっているお店の画像が本当に魅力的☆
こんな素敵なクロスステッチショップ、一度入ってみたいなぁ。

そしてチャートの在庫確認のお願いメールを早速出して、
即答で『1枚だけありますよ。ご注文の際にはお電話下さいね。』のお答えを頂いて
すぐに電話して注文しました。
メールのやり取りをした方と電話した時に応対して下さった方は偶然同じ方だったのですが、
その時の感じがどちらもとても印象が良かったことも手伝って
(カナダでのお買い物はいつも好印象ですね。)、
せっかくなのでチャート1枚、というのも淋しいかな?ということで、
このお洒落なお店にちょっぴり冒険的なオーダーをしてみることをひらめきました。
こういうご縁は大切にしたいですものね(^o^)

冒険的?というのは、↑のチャートは濃紺糸を中心に何色か使われているのですが、
なんとなく黒っぽい色で一面に刺したくない気分でしたので、
大胆にも濃紺部分をNPIの#147か#148あたりのえんじ色に替えてみたらどうかしら?、
あっ、でももっと他にお薦めの代替色があればそちらでも結構ですし、
それで、その他の部分はそのまま指定の糸で大丈夫?、
リネンは36ctか40ctのどんなのがいいかしら?、などなどと相談してみたのです。
全体的に濃い目の糸でステッチしてある中に所々ベージュ系などが入ったQuakerのデザイン、
ちょっと憧れていたんです。
それでこの方のセンスにお任せして、チャートと一緒にキットにして送ってくださいね、と
お願いしたのでした。

そして注文から約1週間余り、お待ちかねの包みが届きました。
お願いした通りに他の指定の糸(画像では数種類のベージュ系にしか見えなかったけれど、
実際にはオリーブ色の濃淡が合計6色でした。)の他にはそのトーンに良く馴染む
赤い糸#206がセットされていました。
私がいつも好んで使っている#147や#148に比べて、もう少し明るめの赤です。
自分の中の凝り固まった好みやセンスだけだとやっぱりつまらないので、
こうして自分と似たようなものがお好きな方でしかもさらにセンスのよいお方に
選んで頂けるというのは、自分の引き出しが着実に増えるようで楽しいものですよね。
そしてこんな風にしてまたひとつ、お気に入りの赤が増えて嬉しいな♪

リネンはどうしようかしばし悩んだ末に、Zweigartのサンプルを4種類ほど
貼り付けて同封して下さいました。なんと嬉しいこと☆☆☆
Antique Ivoryという色、使ってみた事がないのでこれにしようかしら?

そして気になる送料ですが、普通郵便でなんと米ドルに換算してたったの$2.00(@@;)!!
あ~、またこうしてひとつお気に入りのお店が増えちゃった。

This-Shall-Pass-Kits.jpg

昨日はこちらともうひとつ、Elegant Stitchさんからはじめてのお買い物の品々が届きました。
こちらも以前ご紹介しましたCCRさんと負けず劣らずの素早い対応で、
今回はたまたまこちらのショップのオリジナルキット2点だけの注文でしたので
それで在庫があったために早かったのだとは察しますが、
それにしても先週末の土曜の朝にお願いして、届いたのが月曜日の夕方となると、
たとえお隣の州からのお届け物としても、この広いアメリカではとても早いですよね。

アメリカのステッチャーさんはもとより、おフランスの皆さま、
そして最近では日本のみなさんの間でも人気のこちらのキット、
2004年バージョン分がそろそろ品薄で在庫限りだと伺って、
それでまた悪い癖で最後の?個をお願いしたのでした。
私の女学院時代の親友グループの一人も数年前に乳がんを患い、
それ以来大変な治療をいまだ続けていますが、
身近なことで私に出来ること=それがステッチに関わることだとすれば
これは賛同するほかはないということで↑のカナダでのお買い物とは別の意味で
とても気分の良いお買い物でした。
※ご存知の方も多いかと思いますが、こちらのショップではオーナーのLoisさんの
乳がん体験をもとに、去年から2008年までの間、毎年発売するオリジナルキットの売上金を
地元の乳がん治療の研究組織に献金しているそうです。

私がこうしてお買い物三昧している間中、
誰かさんはお鼻だけをブランケットから出して呆れ顔を隠してる??
20050830124933.jpg

| None of Above | 04:54 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。